メールが怖い


メールは実に便利な分だけ使い方を間違えると怖いことになります。
人間関係ができていればメールは、スピーディでとてもいいコミュケーションツールです。

ところが、関係がまだできていないのに、簡単、便利、手間いらずのメールを頻繁に用いると、もらった相手はだんだんわずらわしくってきます。

交際をはじめたばかりの男女で、こんな問題が発生しました。
1回目のデートの後から、女性から男性に対して、「今度はいつ会えるか」「こちらはいつが空いているからどうか」 「とにかく会いたい」などのメールが続けて送られてきました。

このメール攻勢に男性は、恐れをなして次回のデートを断ってしまったのです。
人は追うと逃げ、逃げると追っかけるという本能があるようです。 最初の人間関係を築きはじめている時は、特に繊細に行動したほうがいいようです。

ちなみに相談所のルールでは、交際終了後の電話や、メールの送信は絶対禁止事項になっています。
もし、約束を守れない場合は厳重注意か、悪質な場合は退会となります。