働く女性の本音


最近では家事手伝いという女性をあまり見かけなくなりました。
また、以前のように仕事場が結婚相手を見つける一つの機関で、いわゆる腰掛けということもあまりないようです。

ほとんどの女性が正社員や派遣で会社の重要な戦力として働いており、かなり仕事の内容もハードです。 お見合いの申し込みなどで電話しても、 なかなか出ないのでおかしいなと思っていると「残業で電話に出られませんでした」ということがよくあります。

そこで、バリバリ働いてやりがいもありそうな女性に「結婚してもその仕事を続けたいですか」と、たずねてみると、 ほとんどの女性は首を横に振ります。「できれば専業主婦でいたい」という意外な答えがもどってきます。 どうやら一般的な女性の考え方は、それほど変化していないような気がします。 変化があるとすれば「結婚したい」という気持ちが一番ピークに達する年齢が、かなり後ろに下がったことかもしれません。

昨日、お話させてもらった女性は、二十九歳から三十歳への節目の時は、仕事が楽しくなってきたので、 結婚に関するモチベーションはそれほど高まらなかったそうです。

ところが、三十四歳から三十五歳への節目で、かなり気持ちに変化が出てきたそうです。
「今、ものすごく結婚して子どもを生んで家族をもちたい」と切実に話してくれました。
女性にとって三十五歳という年齢は、結婚に関しては大きなターニングポイントかもしれません。

また、コミュニケーションの講師の女性と話をしていて意外なことに気づかされました。
最近の女性は仕事をしている人が多く、自分を高めるうえでのファションや美に関するセンスはかなり高いものを持っています。 男性は残念ながらその部分が追いつけていないようです。

ただ、女性も自分のプライドを守ることに疲れている人が多いとのこと。 四人に一人が眠れない夜をすごしているという情報もあるそうです。
また、親友がいるかという質問に対してほとんどの女性はいると答えるそうです。 ただし「忙しくてあえていない」というおまけもついてくるらしいのです。

スピリチュアルとか占いがはやっているのは裏を返せば、女性も疲れていて癒されたいのかも知れませんね。 「女もつらいのよ」ということがよく分かりました。

「俺についてこい」という男性より「話をきこうか」という男性のほうがこれからは受けるかもしれないと思いました。