卵子凍結にみる婚活事情


出産の可能性をつぶしたくない

ransi

卵子凍結のセミナーに多くの女性が関心を抱き参加しているとTVニュースで伝えていました。

実際に実施している年齢層の平均は36歳前後の現在お相手のいない専門職、 医療関係 士業(弁護士 税理士など)のキャリアの女性が多いそうです。

費用も80万円程度と高額な上に、100パーセント成功するとは限りません。
1個の卵子での成功率は10%なので30代で10個以上、40歳以上の場合はその5倍の卵子が必要らしいです。

そこまでしても実施に踏み切った人は、出産の可能性をなくしてしまう怖さのほうがリスクが高いと思うそうです。

一方で実施をやめた女性は、その費用と時間を実際のお相手を見つけるために使おうと思ったそうです。

卵子凍結は生命保険みたいなもので、実際に使う時がきたら最悪の事態になっていると思ったほうが私はいいと思います。

やはり、日々の生活の中でパートナー探しをして自然に出産するのがいいと思います。

努力してどうしても駄目な場合は、最後の選択肢として活用することがベターだと思います。

何故なら子供は唯一無二の二人でつくる最高の創作物だからです。