結婚したくなる時


相談所へやってくる理由で多いのは、男性の場合は、つきあっていた女性と別れたことです。 このままずっと一人ぼっちになってしまうのではないかと、不安になって訪ねてくるようです。 また、周りが結婚して家族中心の生活になり、遊んでくれる友達がいなくなり土日が暇になって、気がつくと夕方まで寝ているという人もいます。

団塊世代がどんどん退職して、会社で重要なポジションにつきはじめている三十、四十代は人間関係や仕事の責任がずしんとのしかかってきています。 しかし、仕事に取り組むモチベーションが上がらず、何のために働いているのか、むなしさを感じることがあるようです。そんな時に結婚という言葉が頭に浮かぶのです。

女性の場合は三十代前半だと、親や周りの人に言われるのがいやで、自分の気持ちよりも世間体を考えているような気がします。 三十代半ばから四十代前半までは子どもを生みたいという気持ちが強くなってくるようです。

次に四十代後半から五十歳以上になると、年金の少ない女性が生活のための結婚とか、老後を共に過ごせるパートナー探しになります。

女性は男性に比べてよくも悪くも現実的で生活に根ざしている感じがします。