結婚へ導く二と五の法則


よく電話でお見合いを頼んだり頼まれたりしているこの道二十年のベテラン仲人さんに、成婚するための秘訣を聞いてみました。
「とにかく、長く引っ張らないこと。決断できない人は、いつまでたっても決められません」と、ベテラン仲人さんは言い切りました。
特に三十歳過ぎの女性は出産があるので、半年も一年もつきあってダメだったりすると、そのタイムロスはかなり大きいものがあります。

そこで、彼女の持論は1回でお相手のことは判断できないので「2回会って交際するか、どうかを決める」 「5回交際して、婚約を決める」と言うものです。

この5回の交際は、1回1回の交際の密度を高くし、2、3時間お茶を飲んで話をするくらいならしないほうがましと言います。

結婚したら、嫌でも夫婦は一日中共に暮らします。
デートも朝ごはんは無理になら、昼ごはんと夕飯は一緒に食べて、 結婚についてお互いの意見をすり合わせていく大切な時間にすべきだと言います。

この密度の高い交際を5回繰り返して、十のうちいいところが六つあれば結婚を決めるようにアドバイスしているそうです。
いいところが五つ以下なら経験上、それ以上は引っ張っても最終的にうまくいかないので、交際は中止にするそうです。

私はこの決断力とスピードを求める方法はとても有効だと思いました。
私はこの考え方を成婚のための2と5の法則と呼び、自らの会員さんにもアドバイスしています。

さらに、この方法が優れているのは、このやり方で結婚して離婚した人がいないとベテラン相談員が言っていたことです。

こんな風に、各結婚相談所の独自の知恵を共有できることも、香川県結婚相談所協会を設立した大きな成果です。