観音寺 琴弾公園内


zenigata

有明浜の白砂に描かれた「寛永通宝」は、東西122メートル、南北90メートル、周囲345メートルもある巨大な砂絵で、 琴弾山々頂から見るときれいな円形に見えます。
一般には、寛永10年(1633年)に藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたといわれ、他に類を見ないものといえます。

この銭形を見れば健康で長生き、しかもお金に不自由しなくなると伝えられ、多くのカップルがこの地を訪れています。