別れの危機を乗り越え婚約

2017年07月04日


20170704_01

兵庫にお住まいの男性会員さんが、三月下旬からお付き合いしていた姫路の女性に、 プロポーズして見事に受けてくれた。

このカップルにも、二人の絆を深めるために、婚約までに色々な課題が用意されていた。

まず、彼が最初にお申込みをしたけれど、彼女が交際中だったため、一度お断りされている。

しばらく経って、お相手の相談所から、彼の交際状況の確認が入った。
フリーであることを告げると、今度は彼女から、お申込みしてもらえることになった。

実は、お相手の相談所の担当女性は、一度、別のお見合いで彼に会っていた。
その時の印象が、「折り目正しい好青年だ」と思ってくれていたので、彼女に薦めてくれたのだ。

状況を彼に伝えると、すんなりと受け入れて、お会いすることになった。

交際は順調にいってると思っていたら、五月の終わりに、彼から突然、「交際を終了したい」という連絡があった。

「残念だな」と思っていたら、しばらくすると再度彼から連絡があり、 「二人で話し合って、もう一度お付き合いすることにしました」と、いう連絡があった。

どうやら、彼がメールや電話をするのが苦手なタイプなので、 意思疎通がうまくいかないことがあったようだ。

その別れの危機があってからは、互いの思いを素直に述べるようになり、二人の絆をどんどん深めていった。
そして、別れの危機から一か月後にはプロポーズ。

あの時に、感情任せに別れないでよかった。
二人の冷静な話し合いが、良縁に繋がったのだ。

本当に、夫婦誕生までには不思議なドラマがある。
しかも、どれ一つとして同じものはないから面白い。

出会いを演出する
婚活士 脇 光雄