婚活で悩んだら


読みたいカテゴリーをクリックして下さい。記事が5件ずつ表示されます。


【カテゴリー : デートにのぞむ前に】

自己分析・PRノート


会員さんのことをよく知るために、次のような質問を入会時にさせてもらっています。
試しに自分自身に質問して書き込んでみてください。

◆あなたはなぜ、今結婚したいと思いましたか

◆あなたは結婚に関するイメージを教えてください

◆今まで生きてきた中で、一番嬉しかったことは何ですか

◆同じく一番感動したことは何ですか

◆同じく一番辛かったことは何ですか

◆その辛さをどうやってのり越えましたか

◆あなたの一番魅力的な点は何ですか(今まで他人から言われたことなど)

◆あなたの性格で一番好きなところはどこですか

◆あなたが今までにつきあった異性はどんなタイプの人ですか

◆以前の交際相手と別れた理由は何ですか

◆婚活をスタートさせるにあたり、自分の改めたいところはありますか

◆これだけは絶対に外せないというお相手の条件は何ですか

◆こけだけは絶対にいやだというお相手はいますか

◆あなたがお相手にしてあげられることは何ですか

◆ご両親はあなたの結婚に関してどんな風に思っていますか

◆あなたはいつまでに結婚したいですか(具体的な日にちを設定)

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : デートにのぞむ前に】

会話力のある人がもてる


知り合いの彫刻家の息子さんが、IT関係の大手の会社をやめてしまいました。
理由は勤め先の人間関係がいやになったそうだです。

狭いチームのオフィスで、交わされる会話がまるでなかったのです。
隣のデスクの人と話すのもメール、向いの人と話すのもメール、こんな不気味な世界に疲れ果てたのです。

同じような話を大学の先生からも聞きました。
大学の研究室で、生徒が質問してこないそうです。個の世界に入り込みすぎて、自分ですべて解決しようとする傾向があるらしいのです。
だからチームで動くプロジェクトの進行がうまくいかないと言っていました。
どうやら携帯が普及してからこの傾向が強くなってきたみたいです。 確かに、コミュニケーションに対して内向な傾向はあると思います。
ただ、本質的には人とつながっていたいという気持ちに変わりはないように思います。

お見合いパーティーなどのイベントで男性から人気のある女性は、看護士や医学療法士です。 日ごろお年寄りからお子さんまで、あらゆる人と接しているので会話力がつくのでしょう。
話を優しくにこやかに聞いてくれるので、男性は自分に気があるのかなと錯覚してしまうようです。

男性の場合は営業マンとか学校の先生とかが女性から人気が高いようです。
こちらも多くの人と毎日接しているコミュニケーションのプロ、女性との会話をうまくリードしていくようです。

あるパーティーで見事にマッチングした男性は、フリータイムで女性と二人きりになった時、 彼女に「今日のパーティーで気になる人はいましたか」とたずねました。
彼女がなんと答えようかと考えていると、男性は「僕はとても気に入った人がいました。 それは目の前にいるあなたです」と彼女を見つめながら言ったそうです。

そして、別れ際には「僕はあなたの名前を書きました。ぜひ僕ともう一度会ってください」と、とどめをさしました。 相手の気持ちをゆさぶる最大の要素はやはり会話力です。

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : デートにのぞむ前に】

お見合い申込みの決め手は写真


私はドレスショーでモデルさんを選んだ経験がありますが、選択基準で一番重要なのが写真です。 顔のアップとウエストサイズに全身ポーズの3点くらいの写真でモデルさんをキャスティングします。
この写真のチェックで選ばれないと死活問題なので、モデルさんの写真にかけるパワーはすごいものです。

結婚のお見合い写真も同じようなことが言えます。
ラフな格好で髪もセットしない、笑顔もなくてブスッとした写真を見ることがあります。
「この人、本当に結婚するつもりあるの」と思ってしまいます。

相手に対して「会ってみいたい」と思わせる写真でないと出す意味がないと私は思います。 確かにモデルでも俳優でもないので、写真撮影は慣れてないかもしれません。 撮影の時だけは集中して服装や身だしなみ、女性はメイクに細心の注意を払ってほしいのです。

なにもプロに撮ってもらわなくても、最近ではデジカメでチェックしながら撮れるので安心です。 写真が趣味の友人や知り合いなど、身近な第三者にとってもらえばいいと思います。 田舎の写真屋さんが撮る型苦しいものはあまりいただけません。

その際のアドバイスとして、女性の服装は優しく見える白っぽいものが好ましいでしょう。 男性は公務員などの硬い仕事の人はラフな感じ、自営などの人はフォーマルなコスチュームで撮影するほうがいいでしょう。
笑顔が何よりのメイキャップであることだけは忘れないで下さい。

また、写真は1年ごとに取り直しましょう。
タレントさんで10年前の写真を平気で使っている人がいますが、写真と実物が全然違っていて驚かされることがあります。
こういう時は必ずクレームの対象となります。お見合いの場合も同じですのでご注意を!

写真を変えただけで新会員さんと間違えられて、お見合いの申し込みが増える例はたくさんあります。
写真撮影が婚活の第一歩だと思って、あなたの結婚オーラを十分に注入してください

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : デートにのぞむ前に】

やっぱり見た目でしょ


今までのイベントのマッチング結果を見ていて一つの傾向が見えてきました。 男性から人気が集まる女性は、話しを楽しそうに聞いてくれる人です。やはり、どこかで母性を求めているのかもしれません。
確かに美しくかわいい人なのですが、参加者の中で一番の美人というわけでない場合が多いようです。(ただし、私の美的センスによればですが)

だから、男性の選ぶ女性は、かなり幅があります。
一方女性はと言うと、男性を選ぶ基準が男性より見た目をかなり重視しているように感じます。

マッチングの結果は、二人くらいの男性に集中する場合が多いのです。選ばれた男性は、若くて清潔感のあるイケ面です。 男性も一部の女性に集中しますが、女性のほうがその傾向がより鮮明です。
ひょっとすると女性のほうが面食いなのかもしれませんね。つき合っていけば味のある人もいるに違いないのですが、 こういう短時間で結果が出る集団見合いの場合は、やはりはじめの見た目が大事です。

そのためには、男性諸君には少し自分に投資してほしいと思います。
見た目は、ほとんどがぱっと見の雰囲気で決まります。そんなに大それたことではありません。 行きつけの床屋を美容院に変えるとか、知り合いの女性についてきてもらってユニクロで、上から下までカジュアルコーディネートしてもらうだけでいいのです。

これだけで、ずいぶん気持に変化があると思います。
私の例で恐縮ですか、劇団の最終選考の面接試験を受けるときの服装は、当時つき合っていた彼女にコーデイネートしてもらいました。

今でもはっきり覚えていますが、白のジーンズに同じく白のコットンシャツ、その上に、真っ赤なダウンジャケットを着て試験に臨みました。
結果は見事に合格して志望の劇団に入ることができました。当時の彼女が今のかみさんなので、今でも洋服を選びにいく時は、一緒について来てもらっています。

自分の思い込みだけで探すより、第三者の客観的な視線があったほうが、結果的にいい選択になっていると思います。

小さな勇気と投資で、自信を身につけイベントに参加して、マッチングできれば安いものです。 お願いですから、髪の毛の後ろを跳ね上げて、リクルートスーツを着て、ぼんやりやって来るのだけはやめて下さい。

それで損するのは、間違いなくあなた自身ですから。

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : デートにのぞむ前に】

イベントやパーティーに参加するメリット


私どもの参加する協会がイベントを開催するのにはわけがあります。
ファイルを見ながらお相手を見つけていると、ほとんどの人が、誰が誰だかわからなくなって頭が混乱してくるようです。

また、ファイルはその人の百分の一も表現できていないので、結局は男性なら仕事先とか年収とかのデーターで、 女性なら年齢と容姿だけで判断されてしまいがちです。現にファイルではお互いが交際を断っていたのに、 パーティーで会うと、断った相手とも気づかずにマッチングして交際に入った例があります。

バスツアーはバスの中、食事の会場、観光スポットでのフリータイム、総当り自己紹介タイムなどで一日中色々な人と話せ、 行動を観察できるのでお相手選びには格好の場と言えるでしょう。十一月に行われたバスツアーではなんと九組のカップルが誕生しました。
その上に、後のフォローでほぼ同数のお見合いが成立し、数組は交際に入りました。

イベント終了後のアンケートでは、こんなにたくさんの異性と話すことができて本当に楽しかったという意見がたくさんありました。
たくさんの人と話すことで、会話の技術も高まります。また、一度会っているのでお見合いもスムーズに流れていきます。

パーティーやイベントに参加する最大のメリットがもう一つあります。
それはイベントに参加している結婚相談所のスタッフがあなたのことを覚えてくれることです。 相談員もあなたと同じく写真だけではよくわからないので、実際に他の相談所の会員さんとお会いすることで記憶に刻んでおきます。
そして、自分の所の会員さんにあなたを薦めてくれる場合があるのです。

line_banner

twitter_logo_konnavi

これ以上記事はありません。