成婚物語


記事が5件ずつ表示されます。


【カテゴリー : 成婚物語】

長かった婚活7年目の卒業

2017年02月19日


ご両親とのお食事会

20170219_01

2010年の5月に、初めて婚ナビのパーティーに参加してくれた男性が、他の相談所の女性との婚約が決まり、 ご両親の顔合わせ会に参加させてもらった。

20170219_02

途中で他のパーティーに出たり、休んだりしていたが、正式に2013年から会員登録して、本格的に活動を始めた。
今回の彼女とは、以前にしばらく交際をしていたのだが、二人とも仕事が忙しい時期で、 残念ながらタイミングが悪く、交際がうやむやに終わってしまった。

しばらくたって、二人が婚活を再開すると、二人ともまだフリーだったので、 双方の相談所で連絡を取り合って、再会してもらうことにしたのだ。

それが昨年の8月で、それから交際を続けてきて、 やっと、長かった7年近くの婚活を、卒業することができたのだ。

共に、それほど積極的なタイプではないので、時間はかかったけれど、 「互いの信頼関係は深くなっているな」と、食事中の会話の中で感じた。

お互いのご両親とも、70歳を超えているので、「やっと肩の大きな荷物を降ろせた」と、 大変に喜んでおられた。

私も、一番長い付き合いだった会員さんの、結婚が決まりほっとしている。
「途中であきらめなければ、こういう時は必ず訪れる」と、再確認させてもらった、楽しいひと時だった。
おめでとう!!お幸せに!!

【カテゴリー : 成婚物語】

クリスマスイブのプロポーズ

2016年12月27日


7月にご入会の女性がご婚約

20161227_01

7月に入会された29歳の女性が、24日のイブに、8月のパーティーで知り合った、交際中の彼からプロポーズされ、お受けしたという連絡があった。

たまたま、娘と同じ年だったので、思い入れのある会員さんだった。

今まで、お父さんの看病をしており、完治したのをきっかけに、「お父さんを安心させたい」という気持ちから、 婚活を始めたのだった。
なので、彼女は「1年以内に結婚したい」という、強い意志を持っていた。

入会と同時に、就活でもいい仕事先が見つかり、婚活もパーティーに一度参加しただけで命の人と出会え、 ゴールインした運の強い女性だ。

彼女を見ていると、自らの「幸せになりたい」という強い意志と、父親に対する優しい気持ちが、 強運を引き寄せたような気がする。

とても素直で、心の根の優しい女性なので、婚約が決まりほっとしている。
かけがえのないフィアンセと、いつまでもお幸せに!

【カテゴリー : 成婚物語】

婚約お祝いお食事会 2016/09/23(金)

2016年09月23日


本当にうれしい婚活卒業式

20160923_01

昨日は、高松テルサの4月の、「大すきマップ制作ワークショップ」に参加してくれた、 二人の婚約お祝いお食事会を、花の宮にある「創作料理いいとも」で行いました。

20160923_02

前から気になっていた店でしたが、店内はとてもおしゃれで、料理もとても斬新でうまかったです。
お二人には、8品のコース料理を頼みました。
私は二人の話と、釧路の真カキを肴に日本酒をいただきました。
カキの甘いこと、こんなん食べた事なかったですね。

20160923_03

今回婚約したお二人は、とても対照的です。
男性は、当方の会員さんになって、約5年間近く婚活をしていた、思い出深い会員さん。

女性は、4月に初めて「高松テルサパーティー」に参加して、婚約が決まったラッキーな方でした。

彼の偉いところは、この期間に、一度も「婚活を辞めよう」と思ったことがないことです。
朝8時から夜の8時近くまで働いて、その後に事務所へ相談に来られたことも、何度もありました。

彼はとても素直で、私がパーティーやお見合いを薦めると、よっぼとのことがない限り、断わりませんでした。
ただ、マッチングまでは行くのですが、その後の交際がうまく続かないことが、何度も続きました。
本当に辛い日々もあったと思います。

20160923_04

今回のパーティーも私が勧めたもので、そこで、運命の女性と出会えたのでした。
彼女は、とてもよく笑う屈託のない明るい女性です。

初デートから2回、3回と進み、初の1ヶ月以上の交際が続いていたので、「これはひょっとすると」と思っていました。
本当に縁というものは不思議なものです。

その間、彼が涙ぐましい努力をしていたのを、昨日知りました。
彼女を喜ばせたい一心で、デートスポットを探して、毎回変えていたそうです。
また、服装もその都度、コーディネートしていたとのこと。

職人気質で、会話がそれほどうまくないことを自覚している彼は、 その分、彼女の気持ちが離れないように努力していたのです。

彼は婚活したことで、「自分が積極的になった」と言っていました。
彼女は結婚が決まり、おばあちゃんが、とても喜んでくれたことに満足しているようでした。

この二人の門出に立ち会えた私も、幸せのお裾わけをいただき感謝です。
お幸せに!!

【カテゴリー : 成婚物語】

婚活卒業お祝い会

2016年04月25日


楽しい時間はあっという間に

IMG_0002sk2k

昨日はお見合いが7本。
そして、セミナーコンテストのコメンテーターを13:30から17:00まで勤めました。

8名の10分間セミナーを聞いて、コメントを出すのは、頭の芯から本当に疲れましたが、とてもいい刺激になりました。

その上に、セカンドライフパーティーが男性11名女性8名で開催されました。
こちらは相談所のパートナーオフィスにお願いして仕切ってもらいました。

IMG_0003sk2k

そして、一番楽しみにしていたのが、六時半からの婚約退会お祝い会のお二人とのお食事会でした。

このカップルはとても思い入れのあるカップルで2人とも素直で、私がお逢いしてみたらと言えば、必ず会ってみてくれる人たちでした。

そんな二人ですから、こちらも何とかしてあげたいとう気持ちも強くなると言うもの。
今回もお勧めしたらすんなり会ってくれました。
なんと、それから4か月後に婚約が決まったのでした。

2人とも婚約している自分たちが不思議な感じです。
と口をそろえていました。結婚はお相手が触媒になってくれて、予期せぬ化学反応が起きるのです。

昨日のお話の中で私が彼女に彼のどこが良かったのと聞くと

「私が彼の離婚理由はじめて会った時にいきなり来いたのですが、彼は奥さんの悪口を一言も言わなかったんです。 それが彼の印象をぐっとよくしました」

やはり、目のつけ所が違います賢い女性は。

2人を見ていると、男性的な面のある女性と、女性的な面のある男性みたいな感じのカップルで互いにいい意味で補完し合っているにと思いました。

IMG_0006_3

笑顔のとても素敵なカップルとの楽しい食事の時間はあっという間に過ぎていきました。
気が付くと9時を過ぎていました。恒例の幸せ手形の写真を撮らせてもらってお開きとなりました。

この瞬間があればこそ、また明日も頑張ろうと想えるのです。
何でもいいたいことの言える夫婦へと成長していって下さい。

さあこれからが本番です。ふんばりや!

【カテゴリー : 成婚物語】

再婚のリベンジ果たす

2016年02月03日


肩の荷が下りた

28020710

二日前に51歳の女性の婚約が決定しました。
この婚約が決まり本当にホッとしました。
彼女は一昨年にイベントで知り合った男性と婚約して一度退会されたのですが、 いざその男性と暮らし始めると交際していた時と違い拘束の強い人で息が詰まりそうになり、一月もたずに別れてしまったのです。

幸いにも入籍していなかったので、×はつきませんでしたが、とても傷ついたのでした。

その後の彼女の相談も色々とのっていて、再度当方で活動することになったのです。
今回の方はイベントではなく、去年の5月にお見合で出会った男性です。

彼女は前回のことがあり、とても慎重になっているので、なかなか進行しなかったのですが、 男性がどうしても彼女でなければダメだということで辛抱強くお付き合いしてくれたので、彼女もその気持ちを信頼して婚約に踏み切ったのでした。

今度こそ幸せになります。と言って成婚退会されました。
おめでとう!!

もう二度と戻ってこないでね。

次のページ >>

1     2     3     4     5     6     7     8     9     10     11     12     13     14     15