成婚物語


記事が5件ずつ表示されます。


【カテゴリー : 成婚物語】

七夕婚活ご卒業お祝い会

2017年07月08日


20170708_01

昨日、七夕の夜は、59歳の男性と42歳の女性の、婚活ご卒業お祝い会を、 奥様のご希望で「ステーキハウスやま」で開催。

20170708_02

初めてのシニア婚活でのお食事会だったので、今までになく豪華。
私も初めて入った、50年ステーキ一筋の超有名店。
目の前の鉄板で焼いてくれる、本格派のステーキ。
肉のうまみを味わうために、タレは、塩とわさびと醤油という、シンプルなもの。
やはり、本物の素材は違うと思った。

20170708_03

締めは、今年79歳になる創業者の焼いてくれる、「やま」特性のガーリックチャーハンが絶妙。
味もさることながら、お店の創業期の話や、高松の歴史などの話が実に面白かった。
あまりに話がのってきた所で、奥様から「はい、おしまい」と、釘をさされて、 素直に退くところがまた面白かった。

高松のステーキ界のドンも、奥さんには頭が上がらないようだ。
お店の雰囲気も抜群だったが、何といっても、本日の主役はお二人の馴れ初め物語。

超個性的な男性は、お見合いしても、なかなか受け入れてくれる女性はいなかった。
しかし、彼女は違った。
彼の、音楽や絵画の知識、そして、各種資格を取得していることへの、尊敬の念があった。

男性は、歯に衣着せぬ話し方を誤解されるところはあるが、根っこのところはとても優しく、気遣いのできる人だ。
彼女は彼に関心をもつことから、少しずつ、彼のいい面に気づいていった。

まさに、「ないものねだり」より「あるもの探し」こそ、大切。

また、大人のお二人、ここには書けないが、性生活も、週に何回も大いに楽しんでいるとのこと。
もう、話を聞いているこちらが、アホらしくなるほどのろけてくれた。
まさに、第二の思春期状態。

そのせいか、初めに会った時よりも、確実に二人とも若返り、体も引き締まっている。
やはり、夫婦には夜の営みで、ラブ注入が必要であることが改めて納得。

やはり、男と女はスキンシップが一番。

二人とも再婚同士、「こんな人生が後半に用意されているとは、思ってもいなかった」と、大変喜んでいた。

私も嫉妬するくらいに幸せそうな二人を見ていて、「男と女の出会いくらいエキサイティングで、 人生に彩を添えてくれるものはない」と思った。

あっという間の二時間、夢のような七夕宴だった。

出会いを演出する
婚活士 脇 光雄

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

別れの危機を乗り越え婚約

2017年07月04日


20170704_01

兵庫にお住まいの男性会員さんが、三月下旬からお付き合いしていた姫路の女性に、 プロポーズして見事に受けてくれた。

このカップルにも、二人の絆を深めるために、婚約までに色々な課題が用意されていた。

まず、彼が最初にお申込みをしたけれど、彼女が交際中だったため、一度お断りされている。

しばらく経って、お相手の相談所から、彼の交際状況の確認が入った。
フリーであることを告げると、今度は彼女から、お申込みしてもらえることになった。

実は、お相手の相談所の担当女性は、一度、別のお見合いで彼に会っていた。
その時の印象が、「折り目正しい好青年だ」と思ってくれていたので、彼女に薦めてくれたのだ。

状況を彼に伝えると、すんなりと受け入れて、お会いすることになった。

交際は順調にいってると思っていたら、五月の終わりに、彼から突然、「交際を終了したい」という連絡があった。

「残念だな」と思っていたら、しばらくすると再度彼から連絡があり、 「二人で話し合って、もう一度お付き合いすることにしました」と、いう連絡があった。

どうやら、彼がメールや電話をするのが苦手なタイプなので、 意思疎通がうまくいかないことがあったようだ。

その別れの危機があってからは、互いの思いを素直に述べるようになり、二人の絆をどんどん深めていった。
そして、別れの危機から一か月後にはプロポーズ。

あの時に、感情任せに別れないでよかった。
二人の冷静な話し合いが、良縁に繋がったのだ。

本当に、夫婦誕生までには不思議なドラマがある。
しかも、どれ一つとして同じものはないから面白い。

出会いを演出する
婚活士 脇 光雄

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

驚愕8年間の婚活にピリオド!

2017年06月05日


涙がちょちょ切れるほどうれしいご報告

20170605_01

昨日の夕方、男性会員さんが嬉しい報告のため、事務所を訪ねてきてくれた。

「今日、サンポートの赤い燈台で、交際中の彼女にプロポーズをしました」
※ここで決めると計画していた。

「おおお!それで!?」

「『ハイ!』と、言って受けてくれました」

「   オメデトウ!!!   」

たくさんの婚約のご報告を受けてきた私だが、今回は格別だ。
何故なら、彼はマリッジコミュニケーションの会員さんで、1番長い8年間も在籍していた男性なのだ。

28歳から36歳まで、彼のそばで寄り添いながら、婚活を見てきた私にしてみれば、 自分の息子の結婚が決まったような感じがする。

お見合いは20回以上はしたが、どうしても、2回以上交際が進まない。
その繰返しだった。

彼は、大人しく優しすぎる性格で、自分の気持ちを、 うまく相手に伝えることができないことが、災いしていた。

途中で仕事の環境が変わり、婚活する気持ちになれず、お休みしていた時期もあった。

彼に、「『途中で婚活を止めよう』とは思わなかった?」と、聞いてみた。

「それはなかったです。結婚しない人生の方が嫌だったので」と、きっぱり答えてくれた。

彼に、今回結婚が決まった理由を聞いてみた。

まず、お相手の女性が自分とまっく逆の性格で、ハッキリものを言うお話し好きの人で、 話を聞いてくれる男性を、パートナーとして求めていた。
そこに、彼がドンピシャでハマったのだ。

また、彼の家庭環境と仕事環境の変化が、彼の婚活真剣スイッチを押した。

彼の結婚を楽しみにしていた祖父が、最近亡くなり、父母がここ数年で年老いて、「小さくなった」と、感じるようになったので、 「早く結婚して安心させたい」と思った。

また、仕事も責任のある地位となり、婚活の時間が徐々に取りにくくなったので、 「今年中に決めないといけない」という自覚があったそうだ。
そのタイミングで、別の相談所の彼女が登場してきた。

今回のお申し込みは彼女からで、しかも、一度お見合して、彼女からお断りがきていた。

しかし、縁とは不思議なもので、彼女から、再度お会いしたいという連絡があり、 彼もそれを受け入れて、交際がスタートした。
彼にしてみれば、初めてのことばかりなので、戸惑うことも多々あった。

そこで、女性の所属する相談所と、互いの気持ちを確認しながら、サポートもさせてもらっていた。
そして、交際スタートから約七ヵ月で、見事にゴールインとなった。

彼はけっして話し上手ではない。
しかし、彼は相手の話をしっかりと受け止めて、一つ一つ自分に嘘のない言葉を、 丁寧に紡ぎ出しながら答えている感じがする。

その、誠実な彼の良さを、理解してくれる女性が現れた。
8年前に会った時に比べると、かなり男らしくなり、ずいぶん成長したものだ。

今回の婚約で、確信したことがある。

もともと、夫婦になると約束した二人が、その記憶をなくして地上に舞い降りて、 その約束を叶えるためにする活動が、婚活だということ。

本気で求めれば、必ずパートナーは現れる。
何故なら、それが、本来のあるべき姿だからだ。

本当に、彼には色々なことを学ばせてもらった。
感謝する。
会員を卒業するので、ちょっぴり寂しいけれど、 「夫婦のことで何かあったら相談に来てね」と、言って送り出した。

出会いを演出する
婚活士 脇 光雄

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

貴女の5年間の婚活は何でしたか?

2017年05月24日


20170524_01

先日、成婚退会手続きに、40代の半ばの女性がこられた。

彼女はマリッジコミュニケーションで、約5年間活動されて見事にゴールインされた。

彼女が偉いのは、仕事で大変な時もあり、婚活をしばし休むことはあったが、 「結婚をあきらめよう」とは思わなかったことだ。

また、とにかく、会ってみないとわからないので、お見合やパーティーでマッチングした人とは、 できるだけ積極的に会おうと心がけていた。

婚約が決まった男性も、パーティーでマッチングしていたわけではなく、 彼が書いてくれていたので、せっかくなので会ってみることにしたのだ。

しかも、初回は話が盛り上がったわけでもなかったが、一度ではわからないので、 「もう一度あってから考えよう」と、思ったことから続いたのだ。

二回目に彼に会った時も、口下手な彼は、話をリードしたりすることはできなかった。
ただ、彼が別れ際に車から降りて、彼女のドアを開け、「またお会いしたいです」と、丁寧に挨拶してくれたことが好印象だった。

「彼は口だけでなく、私のことを本当に大切に思ってくれる人だ」と、直感的に彼女は思った。
そこから婚約へと、少しずつ一歩ずつ進んで行ったのだ。

最後に彼女に
「貴女にとって、5年間の婚活は何でしたか?」
と、聞いてみた。

すると、彼女は「この5年間は、私が妙な気負いを無くして、素の自分にもどっていくための時間でした」と、話してくれた。

「なんと婚活を見事に表現する言葉だろう」と、私は感心させられた。

婚約が決まった彼女は、ありのままの自分を見せてもいい男性と巡り会い、 本当に安心できる居場所を見つけたのだ。

彼女の顔が、優しさと穏やかさに満ち溢れていた。
まるで、阿弥陀さまのようだった。

女性は、婚約が決まると本当に美しくなることを、今回も再確認させてもらった。

おめでとう!!お幸せに!!

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

婚約を祝い桜満開

2017年04月10日


20170410_01

昨日は、六月のお見合いパーティーで知り合ったお二人が、婚約のご報告で事務所を訪ねてくれた。

男性は40代前半、女性は30代前半の、歳の差9歳のカップル。

男性は、「1年婚活をしっかりやって、ダメだったら結婚は諦める」という決意で活動していた。

女性は、婚活をはじめたばかりで、婚ナビのパーティーに初めて参加して、運命の男性と出会うことになった。

男性は、パーティーの前日に、仕事の付き合いの飲み会があり、 次の日は二日酔いで参加するかもしれないので、最後まで出席をためらっていた。
この時にやめていたら、彼女には出会えなかったのだから、人の縁は紙一重だ。

20170410_02

二人とも、仕事の関係でなかなか会えなかったので、亀のように、少しずつ少しずつ距離を縮めていった。

彼はとても繊細な男性で、女性と付き合うのが、ストレスになる場合もあった。
今回のフィアンセは、一緒にいると心が安らぐそうで、相性が良かったようだ。

彼女は、「彼の落ち着きがあり、安心できるところが気に入った」そうだ。
「信じられないくらい幸せです」と、こもれんばかりの笑顔で語ってくれた。

その素直さこそが、彼を惹きつけたのだと私は思う。

20170410_03

その後、二人で花見に出かけて行った。
婚約が決まった二人で見る桜は、格別なものだろう。

私もつられて、朝日山森林公園まで花見にでかけた。
二人の婚約を祝うかのように、満開の桜が、これでもかと咲き誇っていた。

line_banner

twitter_logo_konnavi

次のページ >>

1     2     3     4     5     6     7     8     9     10     11     12     13     14     15     16