成婚物語


記事が5件ずつ表示されます。


【カテゴリー : 成婚物語】

驚愕8年間の婚活にピリオド!

2017年06月05日


涙がちょちょ切れるほどうれしいご報告

20170605_01

昨日の夕方、男性会員さんが嬉しい報告のため、事務所を訪ねてきてくれた。

「今日、サンポートの赤い燈台で、交際中の彼女にプロポーズをしました」
※ここで決めると計画していた。

「おおお!それで!?」

「『ハイ!』と、言って受けてくれました」

「   オメデトウ!!!   」

たくさんの婚約のご報告を受けてきた私だが、今回は格別だ。
何故なら、彼はマリッジコミュニケーションの会員さんで、1番長い8年間も在籍していた男性なのだ。

28歳から36歳まで、彼のそばで寄り添いながら、婚活を見てきた私にしてみれば、 自分の息子の結婚が決まったような感じがする。

お見合いは20回以上はしたが、どうしても、2回以上交際が進まない。
その繰返しだった。

彼は、大人しく優しすぎる性格で、自分の気持ちを、 うまく相手に伝えることができないことが、災いしていた。

途中で仕事の環境が変わり、婚活する気持ちになれず、お休みしていた時期もあった。

彼に、「『途中で婚活を止めよう』とは思わなかった?」と、聞いてみた。

「それはなかったです。結婚しない人生の方が嫌だったので」と、きっぱり答えてくれた。

彼に、今回結婚が決まった理由を聞いてみた。

まず、お相手の女性が自分とまっく逆の性格で、ハッキリものを言うお話し好きの人で、 話を聞いてくれる男性を、パートナーとして求めていた。
そこに、彼がドンピシャでハマったのだ。

また、彼の家庭環境と仕事環境の変化が、彼の婚活真剣スイッチを押した。

彼の結婚を楽しみにしていた祖父が、最近亡くなり、父母がここ数年で年老いて、「小さくなった」と、感じるようになったので、 「早く結婚して安心させたい」と思った。

また、仕事も責任のある地位となり、婚活の時間が徐々に取りにくくなったので、 「今年中に決めないといけない」という自覚があったそうだ。
そのタイミングで、別の相談所の彼女が登場してきた。

今回のお申し込みは彼女からで、しかも、一度お見合して、彼女からお断りがきていた。

しかし、縁とは不思議なもので、彼女から、再度お会いしたいという連絡があり、 彼もそれを受け入れて、交際がスタートした。
彼にしてみれば、初めてのことばかりなので、戸惑うことも多々あった。

そこで、女性の所属する相談所と、互いの気持ちを確認しながら、サポートもさせてもらっていた。
そして、交際スタートから約七ヵ月で、見事にゴールインとなった。

彼はけっして話し上手ではない。
しかし、彼は相手の話をしっかりと受け止めて、一つ一つ自分に嘘のない言葉を、 丁寧に紡ぎ出しながら答えている感じがする。

その、誠実な彼の良さを、理解してくれる女性が現れた。
8年前に会った時に比べると、かなり男らしくなり、ずいぶん成長したものだ。

今回の婚約で、確信したことがある。

もともと、夫婦になると約束した二人が、その記憶をなくして地上に舞い降りて、 その約束を叶えるためにする活動が、婚活だということ。

本気で求めれば、必ずパートナーは現れる。
何故なら、それが、本来のあるべき姿だからだ。

本当に、彼には色々なことを学ばせてもらった。
感謝する。
会員を卒業するので、ちょっぴり寂しいけれど、 「夫婦のことで何かあったら相談に来てね」と、言って送り出した。

出会いを演出する
婚活士 脇 光雄

【カテゴリー : 成婚物語】

貴女の5年間の婚活は何でしたか?

2017年05月24日


20170524_01

先日、成婚退会手続きに、40代の半ばの女性がこられた。

彼女はマリッジコミュニケーションで、約5年間活動されて見事にゴールインされた。

彼女が偉いのは、仕事で大変な時もあり、婚活をしばし休むことはあったが、 「結婚をあきらめよう」とは思わなかったことだ。

また、とにかく、会ってみないとわからないので、お見合やパーティーでマッチングした人とは、 できるだけ積極的に会おうと心がけていた。

婚約が決まった男性も、パーティーでマッチングしていたわけではなく、 彼が書いてくれていたので、せっかくなので会ってみることにしたのだ。

しかも、初回は話が盛り上がったわけでもなかったが、一度ではわからないので、 「もう一度あってから考えよう」と、思ったことから続いたのだ。

二回目に彼に会った時も、口下手な彼は、話をリードしたりすることはできなかった。
ただ、彼が別れ際に車から降りて、彼女のドアを開け、「またお会いしたいです」と、丁寧に挨拶してくれたことが好印象だった。

「彼は口だけでなく、私のことを本当に大切に思ってくれる人だ」と、直感的に彼女は思った。
そこから婚約へと、少しずつ一歩ずつ進んで行ったのだ。

最後に彼女に
「貴女にとって、5年間の婚活は何でしたか?」
と、聞いてみた。

すると、彼女は「この5年間は、私が妙な気負いを無くして、素の自分にもどっていくための時間でした」と、話してくれた。

「なんと婚活を見事に表現する言葉だろう」と、私は感心させられた。

婚約が決まった彼女は、ありのままの自分を見せてもいい男性と巡り会い、 本当に安心できる居場所を見つけたのだ。

彼女の顔が、優しさと穏やかさに満ち溢れていた。
まるで、阿弥陀さまのようだった。

女性は、婚約が決まると本当に美しくなることを、今回も再確認させてもらった。

おめでとう!!お幸せに!!

【カテゴリー : 成婚物語】

婚約を祝い桜満開

2017年04月10日


20170410_01

昨日は、六月のお見合いパーティーで知り合ったお二人が、婚約のご報告で事務所を訪ねてくれた。

男性は40代前半、女性は30代前半の、歳の差9歳のカップル。

男性は、「1年婚活をしっかりやって、ダメだったら結婚は諦める」という決意で活動していた。

女性は、婚活をはじめたばかりで、婚ナビのパーティーに初めて参加して、運命の男性と出会うことになった。

男性は、パーティーの前日に、仕事の付き合いの飲み会があり、 次の日は二日酔いで参加するかもしれないので、最後まで出席をためらっていた。
この時にやめていたら、彼女には出会えなかったのだから、人の縁は紙一重だ。

20170410_02

二人とも、仕事の関係でなかなか会えなかったので、亀のように、少しずつ少しずつ距離を縮めていった。

彼はとても繊細な男性で、女性と付き合うのが、ストレスになる場合もあった。
今回のフィアンセは、一緒にいると心が安らぐそうで、相性が良かったようだ。

彼女は、「彼の落ち着きがあり、安心できるところが気に入った」そうだ。
「信じられないくらい幸せです」と、こもれんばかりの笑顔で語ってくれた。

その素直さこそが、彼を惹きつけたのだと私は思う。

20170410_03

その後、二人で花見に出かけて行った。
婚約が決まった二人で見る桜は、格別なものだろう。

私もつられて、朝日山森林公園まで花見にでかけた。
二人の婚約を祝うかのように、満開の桜が、これでもかと咲き誇っていた。

【カテゴリー : 成婚物語】

長かった婚活7年目の卒業

2017年02月19日


ご両親とのお食事会

20170219_01

2010年の5月に、初めて婚ナビのパーティーに参加してくれた男性が、他の相談所の女性との婚約が決まり、 ご両親の顔合わせ会に参加させてもらった。

20170219_02

途中で他のパーティーに出たり、休んだりしていたが、正式に2013年から会員登録して、本格的に活動を始めた。
今回の彼女とは、以前にしばらく交際をしていたのだが、二人とも仕事が忙しい時期で、 残念ながらタイミングが悪く、交際がうやむやに終わってしまった。

しばらくたって、二人が婚活を再開すると、二人ともまだフリーだったので、 双方の相談所で連絡を取り合って、再会してもらうことにしたのだ。

それが昨年の8月で、それから交際を続けてきて、 やっと、長かった7年近くの婚活を、卒業することができたのだ。

共に、それほど積極的なタイプではないので、時間はかかったけれど、 「互いの信頼関係は深くなっているな」と、食事中の会話の中で感じた。

お互いのご両親とも、70歳を超えているので、「やっと肩の大きな荷物を降ろせた」と、 大変に喜んでおられた。

私も、一番長い付き合いだった会員さんの、結婚が決まりほっとしている。
「途中であきらめなければ、こういう時は必ず訪れる」と、再確認させてもらった、楽しいひと時だった。
おめでとう!!お幸せに!!

【カテゴリー : 成婚物語】

クリスマスイブのプロポーズ

2016年12月27日


7月にご入会の女性がご婚約

20161227_01

7月に入会された29歳の女性が、24日のイブに、8月のパーティーで知り合った、交際中の彼からプロポーズされ、お受けしたという連絡があった。

たまたま、娘と同じ年だったので、思い入れのある会員さんだった。

今まで、お父さんの看病をしており、完治したのをきっかけに、「お父さんを安心させたい」という気持ちから、 婚活を始めたのだった。
なので、彼女は「1年以内に結婚したい」という、強い意志を持っていた。

入会と同時に、就活でもいい仕事先が見つかり、婚活もパーティーに一度参加しただけで命の人と出会え、 ゴールインした運の強い女性だ。

彼女を見ていると、自らの「幸せになりたい」という強い意志と、父親に対する優しい気持ちが、 強運を引き寄せたような気がする。

とても素直で、心の根の優しい女性なので、婚約が決まりほっとしている。
かけがえのないフィアンセと、いつまでもお幸せに!

次のページ >>

1     2     3     4     5     6     7     8     9     10     11     12     13     14     15     16