成婚物語


記事が5件ずつ表示されます。


【カテゴリー : 成婚物語】

春が来た来た春が来た

2014年3月17日


婚約お祝い会 in クレメントホテル瀬戸

011_4

16日のお昼に二度別れて三度目の正直で婚約した、思い出深いカップルと婚約お祝い会がクレメントホテル瀬戸でありました。

009_5

男性が31歳、女性が32歳のお似合いのカップルです。
彼に彼女のどこが一番気に入ったのと聞くと

「不器用なところです。」

おお、深い答えですね。裏を返せば純で正直な人という意味だと思いました。

ここまで彼女のことを理解しているからこそ、二度の彼女からの別れを許したのだと思いました。

010_8

彼は本当に寛容でいい男だと思いました。そんな彼と婚約できた彼女はとても優しい表情になっていました。

彼女は今、気持ちがワクワクして楽しくてたまりませんと言っていました。

はじめて二人から聞いて驚いたことがありました。
彼女が彼と二度目に分かれてテルサパーティーに車で向かっている時に、たまたま彼の車とすれ違ったそうです。

そこで、彼女は彼のことが頭から離れなくなったそうです。 結婚するカップルは不思議に縁で結ばれているものだとつくづく思いました。

004_8

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

ダブル成婚お祝い会

2014年2月23日


超 幸せな一日

昨日はお昼と夜に婚約カップルの成婚お祝い会がありました。
お昼の場所は伏石のイタリアンレストラン、オレンジCOCO。

005_11

お昼は6月のテルサパーティーに参加してくれたカップルで、マッチングしていたのですが女性からお断わりがあり再会しなかったカップルです。

006_12

それから2か月くらいたってから女性から再度お会いしたいとの連絡があり、お2人を国際ホテルでお引き合わせしたのでした。

007_6

それからは順調に交際が続き、今回の婚約になったわけです。

008_7

彼女が再会を申し込んでこなかったら、このカップルは誕生していなかったと思うと、縁とは本当に不思議なものだと思います。
30歳と29歳のとてもお似合いのかわいいご夫妻の誕生です。おめでとう!!!

008_9

夜は、これまた高松テルサで11/10のパーティーで出会ったカップルの婚約お祝い会を伏石のイタリアン、チーズカフェで行いました。

こちらのカップルは女性がこの人と出会うために今まで未婚でよかったと言わしめるほどの劇的な出会いでした。

012_7

彼女はパーティーに出るだけを目標として今回のパーティーに参加して運命の人に出会えたのでした。 しかも二人の女性とも一回のパーティー参加で婚約が決定したのです。

010_6

二組ともお世話になったと私の大好きな日本酒をもってきてくれました。
何という心遣いのできる夫妻でしょうか。

015_2

ああこんな人生の出会いに立ち会える私は何という幸せものかと思いつつ美酒の杯を傾けました。超がつく幸せな一日でした。

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

僕が君をささえます

2014年1月28日


プロポーズ成功!!

imagesR8U1ML6P

昨日会員の40歳の男性から連絡がありました。
「今から二人で行っていいですか?」
「どうしたの?何かあったの」
「今日プロポーズして、彼女が受けてくれました それで、今後のことについて相談にのってほしいのです。」

本当にうれしい一報でした。

フィアンセの女性も当方の会員さんで、年老いた体の不自由なお母様と一緒に暮らしていました。
結婚の条件は、お母さんを一人にできないので母と同居してくれる人でした。

彼女は38歳、今まで自分一人で家計を支えるために一生懸命踏ん張って生きてきたのです。
それで婚期を逃していたのでした。

彼は彼女の明るさと懸命に生きている姿勢が気にいったそうです。
彼は彼女の今住んでいる家をリフォームして新居として、お母さんと一緒にくらすこ覚悟を決めたのです。

「これからは彼女を僕が支えます。」

かっこいいいいい

まいった!!!あんたは男の鏡や!!!

女性の皆さん安心してください。
まだ日本には、こんな男性がいます。

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

雨のち晴れて婚約

2014年1月23日


事故が二人の絆を深くする

imagesK9RYVL8N

昨日は結婚が決まった38歳の女性がフィアンセと一緒にご報告に来てくれました。
彼女は昨年の春に杭が残らないように1年間婚活に励み、だめだったら一人で生きようと決めて、私どもの事務所を訪ねてきてくれたのでした。

二人は夏の花火の婚活パ-ティで出会いました。
そして、2か月ほど順調に交際が進みました。
二人でいて楽で、黙っていても気を使わないいい空気感だったそうです。

その時、二人に結婚前の障害が立ちはだかりました。
彼が事故を起こしてしまい、今後の仕事に問題が発生する場合もあることになりました。

そこで、彼女はその問題から逃げることなく二人で解決しようと、彼とこれからについて真剣話し合ったそうです。

彼も彼女が去っていくことを覚悟していたようですが、ちゃんと問題に向き合ってくれる彼女に対して感謝し、二人の絆が深まっていきました。

事故の問題も幸いに思っていたほどのトラブルにもならず、今回の婚約に至ったのでした。

結婚前の障害が二人の絆を深めた、雨のち晴れるや のいい事例です。

この二人なら、これから襲いかかる様々な人生の荒波も二人で力を合わせて乗り越えていくことでしょう。 お幸せに!!!

line_banner

twitter_logo_konnavi

【カテゴリー : 成婚物語】

婚約で世界が変わった

2014年1月15日


今一人の時と違う世界が広がってます

imagesFQTRMTPV

先日、39歳で結婚が決まった女性と対談しました。
彼女は40歳までに結婚できなかったらマンションを買って一人で生きようと決めていた人です。
40歳手前で、この人と生きたいという男性と巡り合え今は本当に幸せです。と言っていました。

今は見えている景色が今までとは全く違っているそうです。
支え合って生きていける居場所を見つけた彼女の顔は本当に穏やかで優しくなっていました。

寄り添える男性の代わりは、仕事や友達 そして親や兄弟、まして趣味などでは絶対にできないと言ってました。
名言です。

女性は結婚以外に自分の居場所は作れないと私は思います。
咲く場所を見つけられない女性はとても不安だと思います。

彼女は家族ができたので、これから思いっきり大輪を咲かせることでしょう。
夫と子供たちと共に。

自分の幸せについて深く考えてみてください。
自分を幸せにできるのは自分自身の思いだけなのですから。

line_banner

twitter_logo_konnavi

次のページ >>

<< 前のページ

1     2     3     4     5     6     7     8     9     10     11     12     13     14     15     16     17