あきらめないことの大切さ


昨日、私の携帯に会員さんから嬉しい連絡がありました。

「彼からプロポーズされました」
「それで それで」
「一日置いて今日、お受けするとお返事しました」
「よかったね 最高や」
「来週にでも私の両親に挨拶に来てくれるそうです」
「本当にがんばったかいがあったね」
彼女の弾んだ声を聞いていると、こちらまでうれしくなってきます。

彼女は婚活を始めた数ヶ月は、お見合いを申し込んでも、なかなかうまく成立せず、私もとても気になっていた人でした。
会員さんとお話ししていて、お見合の前に断られると、自分を全否定されたような気持ちになって落ち込むという話をよく聞きます。
彼女も辛かったに違いないのですが、事務所に来てファイルを見てお見合いのお申し込みや、 イベントのバスツアーに参加しながらコツコツと活動を続けていました。

そんな彼女のひたむきな活動が実を結びました。
縁というものはどこにあるかわからないものです。
彼女が参加したバスツアーで、残念ながら希望した男性とはマッチングしませんでした。 ところが、お相手の相談所の計らいで彼女のことを男性に勧めてくれ、お見合いが成立したのです。
お見合いの結果は、双方とも好印象で、そのまま交際に入ったのでした。

彼女の偉いところは、交際中の経過もその都度報告してくれました。
どうやら毎週会っていて、会うことがとても楽しそうでした。
そんなひたむきな努力家の彼女の素晴らしさを、ちゃんと理解してくれる男性と巡り合えて本当によかったと思いました。
婚活は、確かに思うように行かないと、精神的にきつい面もあります。しかし、自分を信じて諦めないで活動する事の大切さを彼女が教えてくれています。

ちなみに、プロポーズの場所は観覧車の中だったそうです。
おそらく二人の人生で、最高の思い出の場所になる事でしょう。