まだ見ぬあなたへの手紙

2011年09月20日


先日、ご成婚卒業される女性が事務所を訪ねてくれました。
そこで、とても素敵な話を聞かせてくれました。
これは、婚活されている女性の皆さんにとても役立つと思いました。

彼女が当方の事務所へ来られたのは、5月なかば最初のお見合いが、ちょうど1か月くらいしてから決定しました。 実は、その時は彼女は結婚に対して、できればいい程度の軽い意識しかなかったそうです。 いざお見合いが決まると、そんな気持ちでお相手にお会いするのは失礼だと思うようになったそうです。

そこで、彼女がした行動に対して私は感動しました。お見合いまでには2週間くらいあったので、 彼女はまだ見ぬお相手に対して、毎日手紙を一通ずつ書きつづっていったのです。 そして、お会いする前日の日には、もし、二人の気持ちが一致したらお渡ししようと思って「今日の感謝とこれからの未来に期待する」手紙を書いたのでした。

当日その手紙を持って、彼女はお見合いの会場へと向かいました。そこで初めてお会いした方は、彼女がイメージしていた男性そのものでした。 もちろん二人は互いに意気投合し、彼女も手紙を渡すことができたのです。

彼は、その手紙を受け取ってとても喜んでくれたそうです。 そして、それだけ気遣いのできる女性に対して、お相手の男性もぞっこんとなり、見事にゴールインとなったわけです。

手紙を書こうとした彼女のお相手への思いやりの気持ちが、この良縁を呼び寄せたとしか私には思えません。 おめでとうございます。