取りこし苦労は墓穴を掘る


ああでもない こうでもない  は しょうもない

パーティーに出てマッチングしているのに、ああなったらどうしよう、こうなったらどうしょう、一人で考え込んで悩んで結論の出ない人。
私がお逢いしてみたらと薦めると、少し考えさせてください!と言って三四日解答が出なくて、 しびれを切らせてこちらから連絡すると「やっぱりやめておきます」と返事する人。

お見合いして、次に会おうかどうか迷って決断できずにいて、お相手や周りにやきもきさせる人。

先のことを色々と考えすぎて、一人で悩みすぎるのは、自分にも周りにもいい結果を生みません。

決断するスピードがないということは、判断する明確な基準がないからだと思います。

一人で悩んで結婚できるなら、いくら悩んでもいいですが、結婚は相手がいてはじめてできることです。
相手と会って感じてみて二人の関係を見つめる以外に方法がありません。

悩むのは、決断するための情報がたりないのですから、まずお会いしてみてから判断するのがいいと思います。

消極的な決断より、積極的に前に一歩出た決断の方が絶対に、次に見えてくる世界が変わってくると思います。

消極的な決断を続けていると、結果が出ないので益々閉塞的な状況に陥り、暗い闇の中から出れなくなってしまいます。 それはあたかも自分で勝手につくった悪い妄想に縛られて、墓穴をほって抜け出れなくなるような状態です。

早めの積極的な決断ができるように心がけることが大切だと思います。