女心をわしづかみ


20140421112651

月曜日に50代の男女のお見合いが珈琲哲学でありました。
その際に、男性がリボンのかかった黒く長細い箱を持ってきてました。
「それは何ですか」と聞くと、
「バラ一輪です。お見合いのお相手にお渡ししようと思ったので」
とても素敵なアイデアだと思いましたね。

案の定、初めてのごあいさつの際に、
「せっかくご縁をいただいたので、ささやかな僕からプレゼントです。」と言って彼女に渡したのです。

「こんなことされたことないので、驚きましたけど、とてもうれしいです。」と、緊張でこわばっていた彼女の表情が一瞬にパッと華やいだのです。

それからは後の会話は、実にスムーズに流れて行きました。
11時にお会いした二人は、その後何と徳島まで、ドライブして8時まで一緒にいたと言うではありませんか。
もちろん交際スタートとなりました。

花一輪で、女性の心をわしづかみにしたのです。
これは男性諸君にお勧めです。
ただし、あまりキザにならないように、さりげなくお渡しください。