女性から告白のすすめ


本当に幸せになりたいなら

先日30代の女性会員さんが相談に来られました。
今付き合っている男性との交際をどうするか迷っているそうです。
3か月もたっているのに、いつまでたっても友達のような関係で、結婚まで結びつく感じがしないそうです。

こんなパターンは本当に今どきのカップルは多いですね。 たぶんさしさわりのない話ばかりで、互いの人生に関わる未来についての話合いがないので、物足りなくなるのだと思います。

結婚を前提にして付き合ってる二人が、いつまでも過去の話ばかりしていては埒があきません。

二人でどんな未来にしていくか、話せないような信頼関係のない二人ならさっさと別れた方が得策です。

まず、二人でいて楽かどうかの相性、次にこの人なら自分の弱みを見せられるかどうかの信頼関係、 そして、未来を二人で築いていけるかどうかのパートナー関係が築けるかどうかの、3ステップを段階を追って見ていけばおのずと、 その人が結婚相手かどうかは見えて来るはずです。

私は彼女に、もし彼と未来を築いていけると思うなら、自ら告白してみてと、アドバイスしました。

相手に自分の意思を誠実に伝えて、その判談は彼にゆだねればいいと思います。
その告白により、彼も自分の気持ちを正直に見つめ直すための楔が撃ち込まれるのです。

あいまいな時間がだらだら過ぎていくよりも結果が出た方が、どれだけ自分の気持ちが楽になるかははっきりしています。

女性には出産という、創造的な大事業を行う時間的なタイムリミットがあるのですからなおさらです。

これからは女性からの告白が、当たり前の時代になるやもしれませんね。

だって、最終的に自分の幸せを一番願っているのは、他ならぬ自分自身ですから。