婚活の最終試験 踏み絵


結婚寸前までいっていて破局するカップルがいる。はたから見ている私どもが辛いのだから、当の本人達の気持ちはいくばくのものか。
婚約前には、本当に二人の気持ちを確かめる踏み絵があるかのようだ。困難な問題が、二人の前に差し出される。
転勤、親との同居、病気、金銭、宗教など、その問題はそれぞれのカップルで違っている。
この最終課題を超えないと、結婚にはいたらない。 では、この大きな壁を打ち崩す力は一体何なのか。それは、相手のことを受け入れる愛の力しかない。

ここまでの絆がないと、その壁の前で立ち往生してしまう。そして、元に戻って別の道を歩む事になる。
でも、考えようによっては、そうなる二人はもともと縁がないのだろう。結婚前にそのことに気づいて良かったのかもしれない。
お互いにとって、より良い相手がいるので、自然にそうなったと思える。
現に、婚約したカップルでそんな人はたくさんいる。
たった一人のフィアンセと出会うために、いくつかの儀式はある。
それがあるからこそ、出会えた時の喜びは格別なのだ。