婚約できない人、できる人 2


あなたはできる

婚約できる人は絶えず自分に対して「なぜ私結婚したいのだろう。そもそも結婚する必要が本当にあるのだろうか、 どんな価値観をもって結婚したいと思っているのだろう」ということを考え続けています。
そのため結婚への思いがハッキリしていて、真剣に話すので相手に想いが伝わります。

一方で婚約が決まらない人は、沢山のお相手とあっても相手との深い会話ができずに表面だけで終わり、 自分がどんな人と結婚したいのかわからなくなり、さまよいはじめます。

お相手に合わせて話を進めるのではなく、条件という枠をとっぱらって
「本当に自分が結婚に何をのぞんでいるのか」
という想いを伝えることが大事だと思います。

大事なのは本音の想いです。その想いに対する熱意が相手には伝わり、化学反応が起きるのです。

■婚約できる人は Why を何度も自分に対して投げかけている。
■婚約できない人は Why を数回しか自分に対して投げかけない。

婚約できない人は「本当にそう思う?」と聞かれると言葉が詰まってしまいます。
しつこいぐらい徹底してなぜそう思うのか?
という思考を訓練しましょう。だからどんなに突っ込まれた内容を聞かれても答えられます。

饒舌でなく稚拙でもいいので、自分の心の内側から湧き上る言葉で相手と話しましょう。

■婚約できる人は学びを“行動”に変えて“実行”する。
■婚約できない人は学んだあとに“実行”しない。

「いい話を聞いたな~」で終わってしまうと何も変わりません。
大事なのは今この瞬間からあなたが何をするのか、明日の婚活にどう活かすかです。

そして、きちんと紙に書いて、ことばにして文章にすることが大事です。

したい人10,000人、始める人100人、続ける人1人ということばがあります。
それぐらいやる人は限られています。

逆に言えば学びを実行に変えられる人になれば、あなたは他の婚活者よりも自信をもって活動出来ます。

最後に、
いま結果が出ていないあなたも必ず結果が出ます。
絶対に諦めないでください。確信してください。
自信を失わないでください。あなたは絶対にできます。
顔つき、喋り方、表情、しぐさ、服装、髪型、声、姿勢、雰囲気、人格、考え方、想い、考えの深さ、

これまでの生き方、これからの夢を頭の先から爪の先まで、外見も中身もすべてを見抜かれているという覚悟で婚活に臨んでください。

「最後の0.5%の粘りが大半の結果の差を生み出している」

という楽天の三木谷社長のことばがあります。
99.5%の努力では差がつかないということを意味していることばです。

愚直にいま自分ができることを精一杯頑張り続けましょう。
そこに幸運の女神が必ずや降臨してきます。