愛するという技術


愛する技術を得るための学習が必要

love

先日開催された男塾で一番感じたことは、女性との会話の展開に全員が悩んでいたことでした。
女性も自分の心を素直に表現できなくて、交際がだめになるケースを多く見てきました。
婚活中の男女ともに、異性との接し方に慣れておらず、戸惑っていることがわかります。
つまり、愛するということは学習しなくても自然に身に付くと思われていますが、それは大間違いだと思います。

ゴルフやテニスなどと同じように、うまくできるようになるためには学習が必要なのです。

その証拠として明治大学で「婚育」、九州大学で「婚学」が単位の取れるゼミとしてすでに始まっているのです。

日本にはかつて地域、親せき、会社から手厚い結婚のサポートがありました。しかし、今はそんな余裕がどこにもないのです。

まして、彼らはつめこみ式の、自己主張しない金太郎飴人間作りの教育しか受けていません。

いきなり自分をアピールする話し方など、できるわけがありません。

婚活は就活より全員難しいと思っています。
ただ、「男と女が会いさえすれば結婚できる」と思うことは、はかない幻想だと思います。

現代の非婚、晩婚化、少子化の根っこはとても深い所にあると思います。ただし、社会が悪いと嘆くばかりではどうしようもありません。 自分でも努力していく必要があります。

私どももそのお手伝いができるように、新たな企画を考えました。

ビジネスと婚活に役立つ プラス思考の「男塾」

素直で 優しく 美しい あなたがキラリ輝く「美活セミナー」

を開催していきますので、ご期待ください。