婚約お祝い会で乾杯

2013年2月1日


美味しいお酒

昨夜は遠距離交際で結婚が決まった女性と婚約お祝いお食事会がありました。
美味しい日本酒をいただきながら、婚約までの色々な話を聞くことができてとても楽しかったです。

まず、彼女が結婚相手の条件として望んだのが、再婚の人、子供のいる人でした。
それは自分と同じ立場の人だと、今の自分の気持ちをちゃんと理解してくれると思ったからです。

それと、お寺が大好きなので京都の人と検索すると彼が、お相手検索に現れたのでした。
そこまで、しっかりお相手像が見えていると運命の赤い糸は、引き寄せられてくることがわかります。

それから彼女は、最初のデートの時に、もしお見合いがダメだったら早々に切り上げて大好きなお寺、東寺に参拝して高松に帰ろうくらいの軽い気持ちだったそうです。

その最初のデートで不思議なことが起こりました。 京都を見渡せるレストランで彼女がずっと東寺の方を見ていたら、お相手の男性が、「今から東寺に行こうか」と言ってくれたのでした。

言葉にしていないのに、自分の気持ちを読み取っってくれた彼に強く惹かれたとのことでした。

それから、互いに何十回も高松と京都を行き来して、絆を深めていったのです。
遠距離恋愛でよかったのは、互いに気まずまくなって合わないでいると、その距離感ゆえにお互いを冷静に見ることができたそうです。

彼女への結婚への強い意志が様々な不思議な縁を結びつけて行ったとしか言いようがありません。

大好きな京都という新天地で、新たな人生を夫婦二人で築いていってくれる事と思います。