運命の赤い糸はある

2011年12月03日


一昨日うれしいメールがありました。
ちょうど一年前の高松テルサのパーティーでマッチングして交際を続けていたカップルの婚約のご報告でした。
この新夫妻にも不思議なドラマがありました。
まず、彼女がイベント参加のお申込みで当方の事務所を訪ねてこられた時に、とても清楚でかわいらしい女性だと思いました。

私は、なぜか以前イベントに参加してくれた男性のことがふと頭に浮かびました。
そこで彼にそのことを伝えてパーティーに参加するように伝えたのですか、出張で行けないとの残念な結果でした。

しかし、数日後に運命の電話がありました。
どうやら前日に高松に帰ってこれそうなのでパーティーに参加できるとの連絡があったのです。

すぐに、彼女にその男性の特徴をあらかじめ伝えておきました。
結果は見事にマッチングそれがご縁で交際がはじまり婚約へと結びつい行ったのです。
こんな展開に何十回も立ち会っていると、やはり運命という赤い糸を感じずにはいられません。