鏡の法則


先日、会員さんから、現在の交際を続けようかどうしようかの質問をうけた。
「どうも相手の態度がはっきりしないので、本当に僕といて楽しいかどうか解からない。
このまま交際を続けようかどうか迷っています」とのこと。

私 「じゃ、相手はデートの時に、いやそうな態度をとっているの?彼女のどこかいやな面があった?」
会員「いや、そんなことはなくて、別れの時間が近づいてくると元気がなくなってきて、別れが辛いような感じもうけます」
私 「それじゃ、何が問題なの?」
会員「はっきりしない態度がどうも煮え切らなくて」
私 「じゃ、あなた自身は、彼女と結婚を前提にお付き合いしている覚悟はあるの?」
会員「・・・・・・」
私 「それは、あなたのはっきりしない態度を彼女が映し出していて、どうしたらいいのか解からないんじゃないのかな。 互いに30歳こえた二人なんだから、もっとつっこんだ話合いをしたほうがいいんじゃないかな。 今のまま終わると、レスリングでリングに上がらず、互いに組みもしないで、 リングの外で「ああでもない、こうでもない」と互いに疑心暗鬼で試合終了。そんな感じがするけど」
会員「わかりました。もう少しつきあってから二人で結論を出します」

そう言って彼は帰っていった。目の前の彼女は、彼の心を映し出す鏡だと思う。
自分が変わると、きっと彼女の態度もガラリと変わるに違いない。