電子メールの落とし穴


独りよがりの文章は危険

私どもへの問い合わせのメール中にも、初めてなのに、挨拶、名前、件名すら書かずに送りつけてくる人がいます。
そういう方は相手の気持ちを考えず、とにかく、一方的に自分の言いたいことをのべたいだけだということがすぐにわかってしまいます。

メールは相手の顔が見えないのですから、対面の時よりも一層慎重に相手のこと考えながら書かないと、悪印象を与えてしまいます。

また、メールはよほどの文章力がない限りは、細かいニュアンスや感情面のことを書いてはいけないと思います。
まず相手には伝わらず誤解されるのが落ちです。

どうしても打ちたい場合は、夜には書かず昼間に書いて、翌朝見て納得してからお相手に出しましょう。それくらいの慎重さが必要です。

そんな便利ではあるが怖いツールを、交際間もないカップルが多用するのは得策とは思えません。

毎日の日記のような文章をいきなり送られてきても、人間関係のできていないお相手からすると、気持ち悪いだけだと思います。
男性はロマンティストが多いのでよくやりがちですが、初めのころはデートの打ち合わせとか、具体的に話のみにしておきましょう。

少しずつ人間関係を築くには、メールよりも、はじめは実際に会って話すことにをお勧めしたいと思います。

100メールは1電話と、100電話は1対面と同じだと思います。